読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内在住20代若手コンサルタントが夢を見る

都心で社会人をやっている20代既婚者の徒然なるままに

【書評】応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱@呉座勇一

書評

本日の書評はこの本。

 

 

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

 

 

***************************************

内容(「BOOK」データベースより)

室町幕府はなぜ自壊したのか―室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七~七七)。細川勝元山名宗全という時の実力者の対立に、将軍後継問題や管領家畠山・斯波両氏の家督争いが絡んで起きたとされる。戦国乱世の序曲とも評されるが、高い知名度とは対照的に、実態は十分知られていない。いかなる原因で勃発し、どう終結に至ったか。なぜあれほど長期化したのか―。日本史上屈指の大乱を読み解く意欲作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

呉座/勇一
1980年(昭和55年)、東京都に生まれる。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。専攻は日本中世史。現在、国際日本文化研究センター助教。『戦争の日本中世史』で角川財団学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

***************************************

 

【書評】

★1.5個。話題の本として購入。調査が深い。

応仁の乱でなぜ興福寺?という感じで最初は読んでいたが、なるほどと思う点の連発。

しかし、応仁の乱は結局分からない。

どれだけ深く詳細に描いても分からない応仁の乱

そこに、関ヶ原の戦い明治維新とかとは異なる応仁の乱らしさを感じた。