都内在住20代若手コンサルタントが夢を見る

都心で社会人をやっている20代既婚者の徒然なるままに

【書評】リーダーの教養@佐々木常夫

こんにちは冬弥です。

 

今日も書評です。

最近、ほんの感想ばかりですいません。

 

 

リーダーの教養

リーダーの教養

 

 

 

***************************************

商品の説明

内容紹介

<内容紹介>
真のリーダーシップとは、
天賦の才や技術論ではなく、
自ら学び掴み撮るものである――

世に教養本は数多くありますが、
「(組織における)リーダーに必要な教養とは何か」について、
大手企業東レで活躍し、管理職や経営幹部の方から絶大な支持のある
佐々木常夫氏が書いた教養本の決定版!

(もくじより抜粋)

第一部 組織で中核をなすための教養

1章 仕事で身につける「教養の型」
・「礼儀正しさ」という基礎教養をまず身につけよ
・よい習慣は才能を超える など

2章 教養のレベルは言葉にあらわれる
・拙い言葉づかいでも人を動かすことができる
・人の心を変え、組織を変えたリーダーの言葉 など

3章 教養人は人づきあいが上手
・人と「和合する」のも大切なリーダーの教養
・異端児たちの発想や視点を活用せよ など

4章 現場でしか学べない教養がある
・企業経営の最前線で見えた本当の教養
・温情をもって部下に接することを原則とせよ など

第二部 人間的総合力としての教養

5章 「人間の中身」を磨く教養の身につけ方
・内省が経験を識見に変える
・本物に触れて「教養のふところ」を広げよ など

6章 「素の教養」を磨く
・「捨て方」でその人の教養が測れる
・「無位の真人」を自覚せよ など

7章 「人格」は他者から見た教養
・自己評価は必ず甘くなると知るべし
・寛容と信頼から築かれる「人生の教養」 など

<著者紹介>
佐々木 常夫(ささき・つねお)
株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。1944年、秋田市生まれ。69年、東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。01年、同期トップ(事務系)で東レの取締役に就任。03年に東レ経営研究所社長になる。内閣府男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職も歴任。「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的存在である。

***************************************

 

【書評】

★0.5個。20代平社員の私にはまだ早かったのかもしれないが、内容としてなるほどと思える場所が少なかった。

とはいえ、本書の内容は、きっと多くの人が読むべき基礎的な内容を多く含んでおり、そういう意味では、読んでよかった本。

 

うーん。あんまり佐々木さん合わないのかなぁ。