都内在住20代若手コンサルタントが夢を見る

都心で社会人をやっている20代既婚者の徒然なるままに

【書評】経済は地理から学べ

こんにちは冬弥です。

前回に続きまたまた書評です。

 

今回はこちらの一冊。

 

 

経済は地理から学べ!

経済は地理から学べ!

 

 

***************************************

内容紹介

「土地と資源」の奪い合いから、経済が見える!
仕事に効く「教養としての地理」
「立地、資源、貿易、人口、文化」を知れば、世界はこんなに面白い!


◎トランプ大統領のTPP離脱を読むカギは“国境"
◎日本経済を秘かに支える“水の力"とは?
◎EU経済の急所は“2つの河"にあり

地理とは、地形や気候といった自然環境を
学ぶだけの学問ではありません。

農業や工業、貿易、流通、人口、宗教、言語にいたるまで、
現代世界の「ありとあらゆる分野」を学ぶ学問なのです。

地理という“レンズ"を通せば、
ダイナミックな経済の動きを、手に取るように理解できます。

本書は「立地・資源・貿易・人口・文化」という切り口から、
"今"と"未来"をつかむ視点を提供するものです。

★人に話したくなる「知識人としての教養」

「地理」は英語で「Geography」です。これはラテン語
「Geo(地域)」と「Graphia(描く)」からなる合成語と
いわれています。

現代においては、写真を1枚撮るだけで、自然はもちろんのこと、
そこで暮らす人々の衣食住、土地利用など、実にさまざまな情報が
写し出されます。

しかし、カメラが存在していなかった時代は、
これらの情報をすべて描き出していたのです。

「Geo(地域)」を「Graphia(描く)」。
これが地理の本質なのです。


地理とは、表面的な事実の羅列ではありません。
「地域」に展開するさまざまな情報を集め、分析し、
その独自性を解明するものです。

だからこそ、そこには「理(ことわり)」があります。
地理とは「地球上の理」なのです。

★「土地と資源」の奪い合いから、経済が見える!

著者は、「代ゼミの地理の顔」といわれ、"東大地理"を教える宮路秀作氏。
「地理」を通して、現代世界の「なぜ?」「どうして?」を解き明かす講義は、
9割以上の生徒から「地理を学んでよかった! 」と大好評。
講義の指針は、「地理とは、地球上の理(ことわり)である」。
生徒アンケートは、講師1年目の2008年度から全国1位を獲得し続けている。


◆◆◆本書の主な内容◆◆◆
・トランプ大統領のTPP離脱を読むカギは“国境"
⇒キーワードは「多国籍企業」「NAFTA」「アメリカの雇用」

・日本経済を秘かに支える“水の力"とは?
⇒21世紀は「水の世紀」。水資源の重要性と日本の現状

・ロシアの最大輸出国はオランダ。なぜ?
⇒「ロシアーヨーロッパ」における経済大動脈を読む

・“土地も資源もない日本"が、なぜ経済大国になれたのか?
⇒地理的視点から浮かび上がる「2つの強み」

・なぜ、中国は2015年に一人っ子政策をやめたのか?
⇒人口と経済発展のジレンマ。これから中国はどうなる?

・インドの牛肉輸出量が、世界一になった理由とは?
⇒インド経済を変えた「白い革命」に迫る

・経済発展のカギは低賃金!? 先進国スペインの"地の利"とは?
⇒EUの自動車産業がわかれば、経済の本質がわかる

・EUに加盟しない実力国、ノルウェーの正体とは?
⇒他国の追随を許さない「3つの強み」とは?

・イギリス料理が「マズい」といわれる本当の理由
⇒キーワードは「ジェントルマン」と「土壌」

**************************************

書評

★1.5個。

もともと地理は好きだが、内容が本当に地理寄り。当たり前だが、さらさら読めすぎた。もう少し深い内容も期待していたので、再読はなし。

ただし、基本的に面白い情報もあり、統計情報として、新しいものも多々あったので、

その辺は参考になった。