都内在住20代若手コンサルタントが夢を見る

都心で社会人をやっている20代既婚者の徒然なるままに

【書評】大人の独学法

こんにちは冬弥です。

今日は、読み終わった本の書評です。

 

 本はこちら。

勉強したくなった人のための 大人の「独学」法

勉強したくなった人のための 大人の「独学」法

 

 ***************************************

商品の説明

内容紹介

思い立ったときに、動こう。
独学のための準備、時間術、テーマ選び、読書法まで。

人生が変わる「勉強」がある。

◎「独学は朝」にする
◎「一部読書法」の効果
◎「自分の所要時間(メール・経費精算・リポート作成など)」を把握する
◎「行きつけの書店」を作る
◎とにかく毎日、読みやすい英文を読む

内容(「BOOK」データベースより)

学び続けることで、夢をかなえたり、自分の人生をガラリと変えるチャンスに出会えるのです。思い立ったときに動こう。医師をしながら、作家、映画監督、進学塾経営など、「独学」で手に入れた私の方法、すべてお伝えします。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

和田/秀樹
1960年大阪市生まれ。85年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、浴風会病院精神科を経て、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック院長。また、映画監督として初作品『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭最優秀作品賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

***************************************

【書評】

 

受験のプロとして知られる和田秀樹さんの本だったので購入。

 

独学といってもシンプルに読書とか英語学習とかそのくらいのレベル中心に、勉強の必要性や方法などを簡潔にまとめた一冊。

単なる勉強法の本というよりも、高齢化社会を迎え、仕事だけをして勉強しない人生ってどうよ?と課題提起した人生読本の趣き。いまの時代、インプットだけの勉強は意味がない、アウトプットしてこその勉強、というのは他の著者の主張とも共通する。仕事、仕事、仕事、とにかく仕事中心の価値観が急速に存在を失いつつある。より充実した人生のために勉強しよう、という著者の熱い気持ちが伝わってくる。

 

そんな一冊でした。

 

★1.5個。再読×。