読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内在住20代若手コンサルタントが夢を見る

都心で社会人をやっている20代既婚者の徒然なるままに

【書評】リーダーの教養@佐々木常夫

こんにちは冬弥です。

 

今日も書評です。

最近、ほんの感想ばかりですいません。

 

 

リーダーの教養

リーダーの教養

 

 

 

***************************************

商品の説明

内容紹介

<内容紹介>
真のリーダーシップとは、
天賦の才や技術論ではなく、
自ら学び掴み撮るものである――

世に教養本は数多くありますが、
「(組織における)リーダーに必要な教養とは何か」について、
大手企業東レで活躍し、管理職や経営幹部の方から絶大な支持のある
佐々木常夫氏が書いた教養本の決定版!

(もくじより抜粋)

第一部 組織で中核をなすための教養

1章 仕事で身につける「教養の型」
・「礼儀正しさ」という基礎教養をまず身につけよ
・よい習慣は才能を超える など

2章 教養のレベルは言葉にあらわれる
・拙い言葉づかいでも人を動かすことができる
・人の心を変え、組織を変えたリーダーの言葉 など

3章 教養人は人づきあいが上手
・人と「和合する」のも大切なリーダーの教養
・異端児たちの発想や視点を活用せよ など

4章 現場でしか学べない教養がある
・企業経営の最前線で見えた本当の教養
・温情をもって部下に接することを原則とせよ など

第二部 人間的総合力としての教養

5章 「人間の中身」を磨く教養の身につけ方
・内省が経験を識見に変える
・本物に触れて「教養のふところ」を広げよ など

6章 「素の教養」を磨く
・「捨て方」でその人の教養が測れる
・「無位の真人」を自覚せよ など

7章 「人格」は他者から見た教養
・自己評価は必ず甘くなると知るべし
・寛容と信頼から築かれる「人生の教養」 など

<著者紹介>
佐々木 常夫(ささき・つねお)
株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。1944年、秋田市生まれ。69年、東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。01年、同期トップ(事務系)で東レの取締役に就任。03年に東レ経営研究所社長になる。内閣府男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職も歴任。「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的存在である。

***************************************

 

【書評】

★0.5個。20代平社員の私にはまだ早かったのかもしれないが、内容としてなるほどと思える場所が少なかった。

とはいえ、本書の内容は、きっと多くの人が読むべき基礎的な内容を多く含んでおり、そういう意味では、読んでよかった本。

 

うーん。あんまり佐々木さん合わないのかなぁ。

【書評】働く君に贈る25の言葉@佐々木常夫

こんにちは冬弥です。

 

今日は、この一冊。

 

働く君に贈る25の言葉

働く君に贈る25の言葉

 

 

***************************************

商品の説明

内容紹介

自閉症の長男、病に倒れた妻……。過酷な運命を引き受けながら、数々の大事業を成功させ、社長に上りつめたビジネスマンの逆風をしなやかに生き抜く「仕事力」と「人間力」とは――。 ●今、20~30代の若手ビジネスマンは、先行き不透明な将来に対する不安と閉塞感を抱えながら必死で頑張っています。 ●そうした若者に、どう働き、どう生きるべきかを、苦難のビジネスマン人生を生き抜き、「本物の幸せ」を手にした佐々木常夫氏がやさしく説く一冊。 ●将来、大きな仕事ができるようになるために若いうちに身につけておくべき「仕事の仕方」から、幸せを手にするための「生き方」まで、心にしみ込むような文体で書き綴っていただきました。 ●若いビジネスマンはもちろん、それ以上の世代の方々の心にも響く言葉がたくさんつまっています。 ●ご両親や上司からのプレゼントにも最適。仕事と人生に悩んだときに、心の支えになってくれる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

自閉症の長男、病に倒れた妻…。過酷な運命を引き受けながら社長に上りつめたビジネスマンの逆風をしなやかに生き抜く「仕事力」と「人間力」とは―。

著者について

1944年秋田市生まれ。1969年東京大学経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男に続き、年子の次男、年子の長女が誕生。初めて課長に就任した1984年に、妻が肝臓病に罹患。その後、うつ病も併発し、計43回に及ぶ入退院を繰り返した。 すべての育児・家事・看病をこなすために、毎日6時に退社する必要に迫られる。家庭と仕事の両立を図るために、「最短距離」で「最大の成果」を生み出す仕事術を極めるとともに、部下をまとめ上げるマネジメント力を磨き上げた。 そして、プラザ合意後の円高による業績悪化を急回復させる「再構築プラン」のほか、釣具業界の流通構造改革、3年間で世界各国に12件、計約1000億円の設備投資を実行するグローバルオペレーションなど、数々の大事業を成功に導く。 2001年、同期トップ(事務系)で東レの取締役に就任。2003年より東レ経営研究所社長、2010年に同研究所特別顧問となる。この間、妻の3度に及ぶ自殺未遂など幾多の苦難を乗り越えてきた。社長に就任した頃から妻のうつ病は回復に向かい、現在は快癒。強い絆に結ばれた家族と幸せな生活を送っている。 経団連理事、政府の審議会委員、大阪大学客員教授などの公職も歴任。「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的存在である。 著書に『新版 ビッグツリー』『部下を定時に帰す仕事術』『そうか、君は課長になったのか。』。 ●オフィシャルWEBサイト http://sasakitsuneo.jp/

 

***************************************

【書評】

 

★1.5個。自己研鑽。元東レ社長の佐々木常夫の人生観、経験を土台としたメッセージが集約された本。多くの書物でも述べられていることが多いが、それは、人生で大切な共通のメッセージだからだろう。

まだ、佐々木さんの本が何冊かあるので、読んでいきたい。

【書評】藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

こんにちは冬弥です。

 

またです。すいません。

 

本日はこちら。

 

 

 ***************************************

内容紹介

キングコング西野亮廣さん激賞!「バチクソに面白いから、絶対に読んだほうがいい!」】
【驚異のロングセラー!最近1ヶ月だけでも1万部の大増刷!売れています!】


リクルートの営業+和田中の校長として30年間、見てきた結論!
「100人に1人」なら、無理しなくても、誰でもなれるし、食べていける!

特別な才能はいらない。たった7つの条件をクリアするだけ。
4つのタイプ【価値観×志向】別に、7つの条件を徹底解説!

あなたはどのタイプで「100人に1人」をめざす?

*「経済的価値」(給料、年収、おかね)を重視する? しない?
*「権力(サラリーマン)」志向? 「プロ(独立)」志向?

序章 すべての人に共通する3つの条件 →p39へ
――まずは3条件をクリアして「8分の1」の人になれ!
第1章 A「経済的価値×権力志向」(社長タイプ) →p55へ
――「力」を求める人の4つの条件
第2章 B「経済的価値×プロ志向」(自営業タイプ) →p113へ
――「技」を求める人の4つの条件
第3章 C「経済以外の価値×権力志向」(公務員タイプ) →p171へ
――「つながり」を求める人の4つの条件
第4章 D「経済以外の価値×プロ志向」(研究者タイプ) →p193へ
――「好き」を求める人の4つの条件

著者について

藤原 和博(フジハラ カズヒロ)
元和田中学校校長
教育改革実践家。杉並区立和田中学校・元校長。元リクルート社フェロー。1955年東京生まれ。78年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、 93年よりヨーロッパ駐在、96年同社フェローとなる。 2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。08~11年、橋下大阪府知事特別顧問に。著書に、ベストセラーになった『人生の教科書[よのなかのルール]』『人生の教科書[人間関係]』(ちくま文庫)など「人生の教科書」シリーズのほか、ビジネス系では『リクルートという奇跡』(文春文庫)、教育系では『校長先生になろう!』(ちくま文庫)、共著では40万部を超えた『16歳の教科書』(ドラゴン桜公式副読本/講談社)などがある。人生後半戦の生き方の教科書『坂の上の坂 55歳までにやっておきたい55のこと』(ポプラ社)は12万部を超えるベストセラーに。近著は『今、話したい「学校」のこと 15歳からの複眼思考(クリティカル・シンキング)』(ポプラ社)。

***************************************

★2個。

リクルート藤原氏の一冊。

社会人としての必要条件①パチンコしない②ケータイゲームしない③読書する。他の所は、それぞれ、思い当たるのを参考にすればいいかな。という感じ。

自分がどのタイプで生きていきたいかを考えながら読みたい一冊。

すらすら読めた。

 

【書評】28歳からのリアル

こんにちは冬弥です。

 

いつからここはおまえの読書感想文置き場になったんだよ!というツッコミも聞こえてきますが、今日も書評です。

 

28歳からのリアル (WAVE・ポケットシリーズ)

28歳からのリアル (WAVE・ポケットシリーズ)

 

 

***************************************

内容紹介

このままでいいのか! ?

みじめな中年(オヤジ)にならないためにやっておくべきこと、全部

仕事、転職、お金、結婚、住宅、健康、老後 このままでいいのか?

内容(「BOOK」データベースより)

みじめな中年にならないためにやっておくべきこと、全部!仕事、転職、お金、結婚、住宅、健康、老後。このままでいいのか!?

著者について

人生戦略会議

20~40 代の男女、11 名の構成員からなる「人生設計」を考える会。仕事にしろ、結婚にしろ、住まいにしろ、ありとあらゆるライフスタイルが変化しつつある中、「ふつうの幸せ」を手に入れるためのちょっとした知恵とコツとは何かということを、日夜、調査、研究、報告し続けている。著書に、『図解 28歳からのリアル』『35歳からのリアル』『35 歳からのお金のリアル』『40歳からのリアル』『年収700万円のリアル』(WAVE出版刊)などがある。

***************************************

 

書評

★2個。

現在26歳の私としては、仕事の話、結婚の話、子供の話、家の話などリアルで考えていることとリンクすることが多かった。

ここで出てきている数字は実際に覚えておいて生きていく上では損しないと思うので、

20代の必読本といってもいいレベル。

 

【書評】28歳からのリアル

こんにちは冬弥です。

 

いつからここはおまえの読書感想文置き場になったんだよ!というツッコミも聞こえてきますが、今日も書評です。

 

28歳からのリアル (WAVE・ポケットシリーズ)

28歳からのリアル (WAVE・ポケットシリーズ)

 

 

***************************************

内容紹介

このままでいいのか! ?

みじめな中年(オヤジ)にならないためにやっておくべきこと、全部

仕事、転職、お金、結婚、住宅、健康、老後 このままでいいのか?

内容(「BOOK」データベースより)

みじめな中年にならないためにやっておくべきこと、全部!仕事、転職、お金、結婚、住宅、健康、老後。このままでいいのか!?

著者について

人生戦略会議

20~40 代の男女、11 名の構成員からなる「人生設計」を考える会。仕事にしろ、結婚にしろ、住まいにしろ、ありとあらゆるライフスタイルが変化しつつある中、「ふつうの幸せ」を手に入れるためのちょっとした知恵とコツとは何かということを、日夜、調査、研究、報告し続けている。著書に、『図解 28歳からのリアル』『35歳からのリアル』『35 歳からのお金のリアル』『40歳からのリアル』『年収700万円のリアル』(WAVE出版刊)などがある。

***************************************

 

書評

★2個。

現在26歳の私としては、仕事の話、結婚の話、子供の話、家の話などリアルで考えていることとリンクすることが多かった。

ここで出てきている数字は実際に覚えておいて生きていく上では損しないと思うので、

20代の必読本といってもいいレベル。

 

【書評】経済は地理から学べ

こんにちは冬弥です。

前回に続きまたまた書評です。

 

今回はこちらの一冊。

 

 

経済は地理から学べ!

経済は地理から学べ!

 

 

***************************************

内容紹介

「土地と資源」の奪い合いから、経済が見える!
仕事に効く「教養としての地理」
「立地、資源、貿易、人口、文化」を知れば、世界はこんなに面白い!


◎トランプ大統領のTPP離脱を読むカギは“国境"
◎日本経済を秘かに支える“水の力"とは?
◎EU経済の急所は“2つの河"にあり

地理とは、地形や気候といった自然環境を
学ぶだけの学問ではありません。

農業や工業、貿易、流通、人口、宗教、言語にいたるまで、
現代世界の「ありとあらゆる分野」を学ぶ学問なのです。

地理という“レンズ"を通せば、
ダイナミックな経済の動きを、手に取るように理解できます。

本書は「立地・資源・貿易・人口・文化」という切り口から、
"今"と"未来"をつかむ視点を提供するものです。

★人に話したくなる「知識人としての教養」

「地理」は英語で「Geography」です。これはラテン語
「Geo(地域)」と「Graphia(描く)」からなる合成語と
いわれています。

現代においては、写真を1枚撮るだけで、自然はもちろんのこと、
そこで暮らす人々の衣食住、土地利用など、実にさまざまな情報が
写し出されます。

しかし、カメラが存在していなかった時代は、
これらの情報をすべて描き出していたのです。

「Geo(地域)」を「Graphia(描く)」。
これが地理の本質なのです。


地理とは、表面的な事実の羅列ではありません。
「地域」に展開するさまざまな情報を集め、分析し、
その独自性を解明するものです。

だからこそ、そこには「理(ことわり)」があります。
地理とは「地球上の理」なのです。

★「土地と資源」の奪い合いから、経済が見える!

著者は、「代ゼミの地理の顔」といわれ、"東大地理"を教える宮路秀作氏。
「地理」を通して、現代世界の「なぜ?」「どうして?」を解き明かす講義は、
9割以上の生徒から「地理を学んでよかった! 」と大好評。
講義の指針は、「地理とは、地球上の理(ことわり)である」。
生徒アンケートは、講師1年目の2008年度から全国1位を獲得し続けている。


◆◆◆本書の主な内容◆◆◆
・トランプ大統領のTPP離脱を読むカギは“国境"
⇒キーワードは「多国籍企業」「NAFTA」「アメリカの雇用」

・日本経済を秘かに支える“水の力"とは?
⇒21世紀は「水の世紀」。水資源の重要性と日本の現状

・ロシアの最大輸出国はオランダ。なぜ?
⇒「ロシアーヨーロッパ」における経済大動脈を読む

・“土地も資源もない日本"が、なぜ経済大国になれたのか?
⇒地理的視点から浮かび上がる「2つの強み」

・なぜ、中国は2015年に一人っ子政策をやめたのか?
⇒人口と経済発展のジレンマ。これから中国はどうなる?

・インドの牛肉輸出量が、世界一になった理由とは?
⇒インド経済を変えた「白い革命」に迫る

・経済発展のカギは低賃金!? 先進国スペインの"地の利"とは?
⇒EUの自動車産業がわかれば、経済の本質がわかる

・EUに加盟しない実力国、ノルウェーの正体とは?
⇒他国の追随を許さない「3つの強み」とは?

・イギリス料理が「マズい」といわれる本当の理由
⇒キーワードは「ジェントルマン」と「土壌」

**************************************

書評

★1.5個。

もともと地理は好きだが、内容が本当に地理寄り。当たり前だが、さらさら読めすぎた。もう少し深い内容も期待していたので、再読はなし。

ただし、基本的に面白い情報もあり、統計情報として、新しいものも多々あったので、

その辺は参考になった。

 

【書評】大人の独学法

こんにちは冬弥です。

今日は、読み終わった本の書評です。

 

 本はこちら。

勉強したくなった人のための 大人の「独学」法

勉強したくなった人のための 大人の「独学」法

 

 ***************************************

商品の説明

内容紹介

思い立ったときに、動こう。
独学のための準備、時間術、テーマ選び、読書法まで。

人生が変わる「勉強」がある。

◎「独学は朝」にする
◎「一部読書法」の効果
◎「自分の所要時間(メール・経費精算・リポート作成など)」を把握する
◎「行きつけの書店」を作る
◎とにかく毎日、読みやすい英文を読む

内容(「BOOK」データベースより)

学び続けることで、夢をかなえたり、自分の人生をガラリと変えるチャンスに出会えるのです。思い立ったときに動こう。医師をしながら、作家、映画監督、進学塾経営など、「独学」で手に入れた私の方法、すべてお伝えします。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

和田/秀樹
1960年大阪市生まれ。85年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、浴風会病院精神科を経て、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック院長。また、映画監督として初作品『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭最優秀作品賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

***************************************

【書評】

 

受験のプロとして知られる和田秀樹さんの本だったので購入。

 

独学といってもシンプルに読書とか英語学習とかそのくらいのレベル中心に、勉強の必要性や方法などを簡潔にまとめた一冊。

単なる勉強法の本というよりも、高齢化社会を迎え、仕事だけをして勉強しない人生ってどうよ?と課題提起した人生読本の趣き。いまの時代、インプットだけの勉強は意味がない、アウトプットしてこその勉強、というのは他の著者の主張とも共通する。仕事、仕事、仕事、とにかく仕事中心の価値観が急速に存在を失いつつある。より充実した人生のために勉強しよう、という著者の熱い気持ちが伝わってくる。

 

そんな一冊でした。

 

★1.5個。再読×。